読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第3話・お嬢様とお姫様

ソフィアの街を出た愛樂は、戦闘慣れするためにラカウ平野に来た。

「弱そうな敵を倒していくのがいいかもしれませんわね。さてと、あの水色の毛皮の子犬みたいな敵を倒していきましょうか……ん?」

何かが上空から降ってくるのが見える。

「……さーいっ!」

???
何か言っているようだが……

よく見ると、愛樂の方に向かって落ちてくる。

「ひぃっ!?こっち来ますわ!」

ヒュオオォォッ!

「そこの人、助けてくださあぁぁいっ!」

「え、えええええっ!?ちょっ、無理―」


ドスンッ


「っ!」
「ひゃあっ!」

愛樂は降ってきた人間に思いっきり体をつかまれた。

f:id:aira1079:20170309232044j:plain

……

「ったた……ちょっと、あなた強くつかみすぎですわ!」

「えっ、あっ、やばっ!でもお陰で私も無事だったわけだからいいでしょ?」

何だコイツ……助けてもらった割には感謝している感が薄い。

「はぁ。まあ相手が私でしたから良かったですけれども。他の人にはお礼を伝えるのが礼儀でしてよ」

「あ……そっか。ここは月じゃないのか。だから私の常識が通用しないのね」

空から降ってきた女は考え込んでいる。一体、この者は何者なのであろう?

「あの、失礼ですけれども……あなたは一体?申し遅れましたが、私は愛樂ですわ。冒険者ですの」

「私?私は月姫(つき)。まあ名前の通り、月に住んでいた王女なんだけれども、何か飛ばされちゃったみたい」

(いや、何でですのよ……普通月から地球まで飛んで来られるとかありえないでしょw)

「愛樂だっけ。月に帰る方法が見つかるまで、私と一緒にいてくれる?」

「は、はあああああっ!?」

ソフィアの工房のチャラ男も月姫も、とんだ発言をするものだ。月姫に関しては、王女であったためか、配慮というものを知らない。

「まあ、あなたのことでしょうから断っても私についてくるんでしょうね」

「ん?何のこと?」

……軽く殴りたいが我慢。

「なっ、何でもありませんわ。さあ、ついていらっしゃいな」

「わーい!愛樂、よろしくね!?」

子供のようにはしゃぐ月姫。一体、年齢はいくつなのか。月姫は謎の人物だ……