読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第4話・月姫の力

ひょんなことから月姫と冒険することになった愛樂。彼女はラカウ平野で戦闘に慣れようとしていた。

「愛樂ー。遊ぼ?」

(こちらは遊んでいる場合じゃないんですのよ!私は早く強くなって、あの方とご一緒したいのに……ああ、お名前をお聞きしておけば良かった!)

「愛樂っ、私と遊びましょ!?」

戦闘もしないで駄々をこねる月姫。もう30分ほどこれだ。

「うるさいですわ、月姫!あなた、私についていくなら少しくらい手伝ってくださいまし!?」

愛樂が怒鳴ると、

「うぐぐ……」

不満気に頬を膨らませる月姫

(まずい……やりすぎたかしら?)

「私だって出来るんだから!こんなモンスターくらい、一撃だもん!」

月姫は一瞬にして、魔法で槍を作り出した。

「よし、このでっかい青い獣みたいなの倒しちゃお!」

!?
ラヴァーカ……
愛樂が突き飛ばされたモンスターだ。月姫まで突き飛ばされたら、今度はどうなるか予測がつかない。

月姫!!そのモンスターは―」

ヒュンッ

ヒュンヒュンッ!

サクッ……ドサッ。

「えっ……嘘でしょう?」

「えへへっ、ざっとこんなもんよ!どう?驚いた?」

愛樂は声を出せず、ただ頷くのみだった。

「私が愛樂のこと、守ってあげるね」

月姫がウインクする。面倒なお荷物かと思いきや、案外強くて可愛い部分もあるものだ。

「ええ、よろしくお願いしますわね」

この調子で、愛樂と月姫はモンスター討伐を進めた。

「痛た……だいぶ傷ついてしまいましたわ」

「大丈夫?一回やめたほうがいいんじゃない?」

「い、いえっ!まだまだ強くなれるはずですわ!」

正直、月姫に実力を見せつけられたのが悔しかった。か弱いお姫様のイメージがあったのに、まさかあんなに強いとは思わなかった。

「ちょっと、無理しちゃダメ―」

月姫が愛樂を引き留めようとしたその時!

「お姉さーん、いつまで狩りしてんのー?俺待ちくたびれちゃった!」

今度はチャラ男までやってきた。

「ん?何かこの子にすっごく見られてんだけど、どした?」

月姫はチャラ男を不快そうに見ている。

「む……気安く愛樂に話しかけないでくれる?愛樂は私のパートナーなの」

パートナーって……勘違いされかねないw

「あんたこそ、お姉さんとどこで知り合った!?しかも、何でお姉さんの名前まで……!」

「さっき。私が空から降ってきた時に助けてくれたの。愛樂は私の恩人なの」

「ふぅん。愛樂お姉さんか。俺は匠(たくみ)っつーの。向こうのソフィアの街で工房やってるぜ?良かったらあんたもイソーローしてく?」

意外な展開になった。この2人、仲悪そうだけど大丈夫か!?

「……私は月姫。愛樂が居候してるなら、それについて行くだけよ」

「よっしゃ!それなら、今からご飯にするから帰ろうぜ?」


結局、愛樂は今日一日で様々な出会いに恵まれた。
いつかは自分で家を持ち、自由に暮らすことを夢見ながら、一日を終えた愛樂だった。