読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第5話・突然の来訪客

朝。朝食後、愛樂達を見送った匠は店の開店準備を始めた。

「愛樂ちゃんと月姫っち、頑張ってるな。俺も頑張んなきゃなー!」

リバイタ、リジェール、アドマジクルなどの薬品を並べる。これらの薬品は冒険に欠かせない(……という人もいる)。

「リバイタⅣが足りなくなってきたか……さて、作るかな」

匠が作業台につこうとする。
そこへ、

「すまない……リバイタを売ってくれないか!?」

酷い怪我を負った冒険者が店にやってきた。どうやら青年のようだ。顔は血だらけで、盾や剣にも大きな傷がある。

「あいよっ!てかお客さん大丈夫か?すんげぇ痛そうだけど……リバイタⅤでいい?」

「ああ。助かる」

「大量買いならお安くしとくぜ?」

f:id:aira1079:20170315214642j:plain

「20000スピナ置いていく。この分だけ頼む」

「おー!んじゃ、これくらい持ってきな!毎度ありぃ☆」

匠が言う間に背を向けてリバイタを飲む青年。

「おわっ、今飲んじゃった感じ!?味どう?実はこれ、味を変えた新作なんだぜ?」

青年が振り返る。男にしては白い肌。顔の怪我はだいぶ治っていた。

匠はこう思った。
(この人、綺麗な顔してんのな……愛樂ちゃんも月姫っちもこの人もみんな揃って美白とか何なん!?)

「そうか。美味だった。この味、かなり売れるんじゃないか?少なくとも、俺はまたここのリバイタを買いに来たい」

「おっ、お兄さんマジ!?是非是非来てくれよな!最近は可愛いガール達もイソーローしてるし♪旅始めたばっかりらしいけど、ガチでカワエエ♡」

「!?もしや、それは……いや、何でもない」

「何だよー、教えてくれたって良いだろ!?」

▷匠がジリジリと青年に詰め寄る。


▷青年は迷惑そうな顔をした!


▷効果はいまひとつのようだ……

「にっひっひー。さあ白状するんだな!」

「むぅ、面倒くさい奴だな……実はラカウを歩いていた時に、変わった少女に出会ってな。喋り方はお嬢様なのに、行動が全くお嬢様らしくないんだ」

匠はその少女に心当たりがあった。

(もしかして。いや、もしかしなくても、これは愛樂ちゃんのことだよな!?)


▷匠はどうする?

▷だます(あの某有名ゲームにこんな技なかったはず……)

※この小説はフィクションです。



「あー、それならあれじゃん?レウグ塩原の方に向かったんじゃね?」

「……ハハッ。それが、彼女はソフィアに向かうと言っていたからな。君のような人間がガールと言うくらいだから、あのようなお茶目な女性がここに来るかと思っていたんだ」

「そ、そうか……」

(『だます』が通用しなかった上に、コイツは某テーマパークの主人公的キャラかよ!?)


▷青年は凛々しい目でこちらを見ている

▷愛樂の帰りを待たせてあげますか?

▷(仕方なく)はい



「店の品物勝手に触んなよ?今お茶出すからちょい待ち」

「ああ。ありがたくいただく」





その頃、愛樂と月姫は。

f:id:aira1079:20170315213523j:plain

「だいぶ慣れてきたんじゃない?武器の使い方、格段に上手くなったと思う」

「あら、そうかしら?嬉しいですわ、これからも精進して参りますわ」

月姫による指導によって、愛樂は戦力を増強させていたのだった。

「よし、あと1時間狩りしたら帰りますわよ?」

「ええ、頑張りましょ!」