読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第6話・再会

狩りを終えて、匠の工房に帰ってきた愛樂と月姫

「ただいまー!今日はたくさん狩って来ちゃった♪」

月姫が頑張ってくれたお陰ですわ!ありがとうございました♪」

汗を拭う愛樂。
しかし、その手が止まる。


「え……?」


愛樂は匠の横を見て固まる。

「愛樂、どうしたの?」

月姫が問いかける。愛樂はプルプルと震え出す。

「あっ、そのっ……お会いできて何よりっ!」

愛樂の視線は、匠の横にいる人物に注がれた。青年だ。

「はは、元気そうで良かった。そちらの女性は?」

青年は月姫の方を見ている。

「!」プイッ

月姫は慌ててそっぽを向く。

「あらあら、月姫。そんなに警戒しなくても大丈夫ですわよ。この方は、私の命を救ってくださった勇敢な―」

「嫌あああああっ!コイツ嫌いぃぃぃっ!」

f:id:aira1079:20170316101813j:plain

愛樂が説明するも、月姫は聞かず、工房の奥へと消えてしまった。

「……月姫っち、ご乱心」

「すみません……こんなつもりでは」

「いいや、構わない。まあ、少し残念だが……その、今日は君に会える気がして」

青年は少し照れたように言う。しかし、横で見ている匠はつまらなそうだ。

(何だよ、良い雰囲気になりやがって……愛樂ちゃんの魅力に気付いたのは俺の方が先のはず!)

「私に?……こちらこそ、お会い出来て嬉しいですわ。お名前も聞けていませんでしたから」

愛樂の胸が高鳴る。

(まさか、こんなにも早く会えるだなんて。私が強くなった証拠かしら?)

「そう言ってもらえて俺も嬉しいよ。名前……守(まもる)だ。この世界での職業もディフェンダーをしている。君は?」

「私は愛樂ですの。職業はまだ未定ですわ」

(ディフェンダーとかカッコ良すぎません!?それこそ私のナイトに相応しいではありませんか!)

「そうか。愛樂はここに居候しているんだよな?」

「ええ。そうですわ。しばらくの間ですけれど」

「分かった。しばらく俺もここに通わせていただこう」


完全に取り残された匠。


(……本当はここ、俺の店なんだけどなぁ)

f:id:aira1079:20170316102353j:plain