読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第7話・姫と騎士、対立す

f:id:aira1079:20170320235935j:plain

工房の2階の一部屋で、月姫は悩んでいた。

(どうしよう……あの男、完璧に愛樂のこと狙ってる目つきしてたっ!愛樂は私が守るんだもん……あんな穢れた生き物に愛樂が取られるなんて考えられない!)

そこへ。

月姫、愛樂ですわ。入ってもよろしくて?」

「……」


ガチャッ


扉が開くと同時に、


ボフッ


「愛樂っ!」

月姫に抱き着かれる愛樂。

「ど、どうしたんですの!?」

「愛樂……あの男には気を付けて」

「?な、何故ですの?」

「一見真面目そうに見えるけど、すっごく変な性格してそう!」


……( ・ω・ )?


「え?」

「愛樂まで変な人間になったら、私泣くだけじゃ済まないと思う」

「……うーん、何言ってるかサッパリ」

「とにかく、あの男を見た瞬間私はアイツと敵対するって決めたの!」

「そ、そんな無茶苦茶なっ!?」

「姫に二言は無いわよ!( ・´ー・`)」

何故かドヤる月姫。そして、彼女は覚悟を決めたように部屋の外へ……

「ちょっ、状況の判断が追いつきませんの!お待ちなさい、月姫っ!」

慌てて追おうとするものの、愛樂は走るのが苦手で、すぐに力尽きてしまう。

「ぬおお……早すぎますわ、追いつけない」

姫と騎士が対立。波乱の予感……



その日の夜。

「何だ?いきなり呼び出したりして」

「貴方、私と勝負よ!」

月姫がある者を呼び出した。

「はぁ?どうして俺が……」

守だ。まあお分かりですよねw

「決まってるでしょ?愛樂を巡って勝負よっ」

「なっ……面倒なことするなよな。愛樂は皆の物だろうが」

「はぁ!?何その正義ぶったセリフ!どうせ貴方愛樂のこと狙ってるんでしょう!?下心見えてんのよバァカ」

「……っ!愛樂のことが気になっているのは認めるが何だ、下心とか微塵も無いぞ!?」

「はいはい。口ではそう言ってますけど、顔見たらマヌケ面でしたよーだっ」

バチバチバチッ……!

証拠写真は無いんだろ?」

「くっ、そんなものあるわけ無いでしょう!?」

「フッ」

▷守は挑発した!

月姫、怒りゲージMAX!

「くっ……何も言い返せないわ!こうなったら、愛樂へのプレゼントで勝負よ!愛樂がより喜ぶプレゼントを持ってきた方が勝ちにしましょう」

「望むところだ!」

月姫は挑発した!そして華麗に部屋を去る!


しかし、その直後。守は思った。

(二人して大人気なさすぎる……俺達馬鹿じゃん)

だが、月姫に言ったら怒られそうだ。心の中にそっと秘めておこう(墓前まで)


愛樂と匠そっちのけで始まったプレゼント対決!

果たして、勝敗はどちらか!?