読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第8話・プレゼント(月姫編)

~月姫side~

「はぁ、勢いで変人との勝負ふっかけちゃったけど、いざ愛樂のプレゼントってなるとなぁ……」

愛樂が喜ぶ物。何だろう?

食べ物?

洋服?

アクセサリー?

それとも、愛……?


っ!愛樂がアイツに恋してたらまずいじゃない!愛なんか絶対にプレゼント出来ないよ!

愛なんかプレゼントしたら……



(月姫の脳内)
f:id:aira1079:20170321233433j:plain

「愛樂……やっと邪魔者が消えたな」

「うふふ、嫌ですわ?あ、な、た♡」



……こんなの絶対許すか!

きっと、全国民を敵に回すんだろうな……


うーん、そうならないためにはどうしたらいいのだろう……

あっ、そういえば月にいる時こんなこと習ったな。


『愛の対義語。それは無関心』


!!!

これだ!

あの変人と愛樂を離せばそのうち関心もなくなるはず……!

そのためには、


私がプレゼントになる

二人でこの街を出て穏便に暮らす


これだ!


もしかして、自分は天才なのかもしれない。

この時の月姫はこう思っていた。





けれども月姫は、まだ子供だったのだ。