読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第10話・二人のプレゼント

プレゼント対決の当日になった。

会場はソフィア政庁。

「ピーノ様不在なんだな……」

「そうみたいね。借りさせていただきましょう?」

「ああ」

匠、月姫、守が喋っているが、愛樂は少々困った顔をしている。

(ど、どうしてこんなことに……)

助けを求めて匠の方をチラ見する愛樂。

(お、俺だって分かんねぇよっ!この二人が勝手に話を進めたんじゃないか!?)

(だとしても、この二人、よくやってくれましたのね……あああ、どうしましょう!)

そんな愛樂の心境など知らない月姫が切り出した。

「さあ!そこの変なお兄さん?私と勝負よ!?」

「っ、変って……失礼発言やめろよな!?まあいい、俺が勝ったらタメ口も許さんぞ?」

「はいはい。私が負けるはずないでしょう?」

自信満々の月姫。服もオシャレに決めている。

(何だかんだ言っているが、月姫も美しいな。まるでどこかの国の姫君のような……まあ、愛樂には及ばないがな)

「何よ?そんなにジロジロ見て……私に勝てる自信無くしちゃった?」

「いや。何でもない。(俺の)プレゼント(→月姫)の様子を見ていただけだ」

「はあ?私、今愛樂へのプレゼントなんて持ってないけど?全く……意味分かんない!もうさっさと始めましょ!?」

「じゃあ、一斉にお披露目しよう。いいよな?」

「勿論よ!」

「……私からはもう何も言いませんわ、始めてくださいな」

愛樂が溜息をつく。その横で、何故か面白そうに見守る匠。

「いっせーの!」

月姫は自分に向かって指を差しながら可愛くポーズを取る。守は右手でクッキーを愛樂の方に差し出して、左手は月の背中を押し出している。



一番驚いていたのは愛樂……ではなく月姫だった。


「……な、んで?」

呆然とする月姫

「って、勝手に私に触れないでよ!?こういう男は嫌ぃ―」

「愛樂。彼女が俺達のプレゼントだよ。あ、俺からはこのクッキーも」


f:id:aira1079:20170325133625j:plain


月姫は動けなくなっていた。愛樂はしばらくの間固まっていたが、やっと我に返ったようだ。

「あの……二人とも、私のためにありがとう。でも、こんなくだらないことに時間を割かなくても―」

「「愛樂はくだらない人間なんかじゃない!」」

月姫と守の二人の声が重なる。

「「ハモるなよっ!」」

……

「「あっ……」」


(……こいつら、何だかんだ言って仲良いよな。まーも(守のアダ名)、月姫っちを選んで、俺に愛樂ちゃん譲ってくれよぉ!)

泣きそうな顔で守の方をガン見する匠ッキー🐭<ハハッ!

(却下。誰がお前なんかに渡すかよ。ってか『まーも』って何だ!?)←よく通じたなw



「お二人とも、プレゼントはありがたくいただきますわ。月姫……とクッキーね。でも、勝手に勝負するのはやめてくださいまし。それに、お二人のどちらかを選べだなんて、私にとって酷だと思いません?」

「あっ……ごめん愛樂」
「俺も途中から悪いとは思っていた……ごめんな」

「分かればいいのですわ。さあ、守の作ったクッキーを持って少し遠出しますわよ!?匠、お留守番頼みますわね!」

「ええ!?また俺ボッチー?ちぇ〜」←アルケミーだから仕方ない。


ガッカリして足取りが重くなる匠を一旦工房に戻してから、愛樂、月姫、守の3人はソフィアの外へ向かった。