第11話・茶番劇inラカウ

「愛樂、どこまで行くの?私お腹空いちゃったー」

ソフィアの街の外、ラカウ平野を歩いている愛樂と月姫と守。口を尖らせながら不機嫌そうに歩いているのは月姫だ。

「結構先まで行きますのよ?寺院の先まで……蛮竜を倒しに行きましょう。このあたりの冒険者達の間では蛮竜討伐が流行っているらしいのですわ」

不機嫌な月姫に対し、愛樂はかなりウキウキしていた。彼女は先頭を歩いている。その後ろに月姫、守と続く。

「ほら、月姫。リンゴ食うか?」

守がリンゴを月姫に差し出した。

「えっ、いいの?すっごく美味しそう!まも、ありがと!」

守はアダ名で呼ばれやすいのか、『まも』やら『まーもん』と街でも呼ばれるようになった。

(『まも』はまだしも、『まーもん』って魔物みたいじゃないか?)


▷我こそは、闇の世界の帝王・マーモンだ!

▷さあ、世界は今こそ我のモノ(ry


……くだらないことを考えてしまった。

「まも、どうしたの?」

「いや。何でもない……ふっ」

「……?守らしくなくってよ?悩んでいることがあるのなら仰ってくださいな」

「あ、ああ……すまない」

(ダメだ、空想世界で自分が闇の帝王になったとか言えない!!!)

そんな守は愛樂の方をそっと見た。

愛樂はしばらく前を向いて歩いていたが、チラッと守の方を見てきた。


目があった。


「〜〜〜っ!」ブンッ

愛樂が勢い良く向き直る。

守も気まずそうに俯く。


それをリンゴを食べながら見ていないふりをしていた月姫

(愛樂もまもも何してるんだろ……顔真っ赤にしちゃって、熱でもあるのかしら?)

「まも、リンゴみたい」

「ぶっ!?な、何だ月姫か」

f:id:aira1079:20170326165202j:plain

「何よ、愛樂が良かった?」ニヤニヤ

「ち、違う!からかうなってことだ!月姫、何歳だ?」

「え、私?……うーん、16くらいかな。よく分からないや。月では年齢というものが存在しなくって」

「何だかアバウトだな……俺は18」

「えっ、私より老けてる!?」

「老けてる言うなっ、俺の方がお兄さんだぞ?」


そのやり取りを愛樂はこっそり聞いていた。

(仲がよろしいようで安心しましたわ……けど、このモヤモヤは一体何でしょう?)

一方で月姫は。
(あっ、何してるんだろ、私……二人の邪魔してるじゃない!)

気まずさが残る。無理矢理話題を作る愛樂。

「ま、守は蛮竜倒したことあるんですの?」

「えっ?あ、俺は……一応」

「へえ、流石守ですわね。月姫はどうしてそこまで強くなったんですの?特に魔物と戦ったり……とかは無さそうですから気になって」

守、陰でニヤける。

「え?私……何でだろう、あははっ」

何かを隠したような言い方。愛樂は少し違和感を覚えたが、何も突っ込まないでおいた。

お気づきの方はいましたか?

Hello! 愛樂です☆

前回の小説……気づきました?

なかなか小さくて見にくかったかもしれませんが、写真の中にギャラリーさんを入れていたのです!


☆その件について、インタビューしてみた☆


愛樂「ギャラリー?知りませんでしたわよ!見られていたってことですの!?」

月姫「まあまあ、いいんじゃない?告白みたいなものではなかったんだしー」

守「俺はあれでも勇気を出して頑張ったがな」

月姫「ギャラリーさんって、あの写真の愛樂の左上くらいに写ってた人?」

愛樂「そうみたいですわね。でもまるで忍者のように上手く隠れて見守っていらっしゃったのね……彼女(女の子です)がマスコミとかで無くて安心しましたわ♪」


以上!

意外と気付かないものですね……小細工どんどん入れていくので見つけてみてください☆(←おいおい、ほんとかー?(; ・`ω・´) )



f:id:aira1079:20170325141306j:plain

f:id:aira1079:20170325141315j:plain

↑実は1枚目は2枚目を用いた合成写真ですw

第10話・二人のプレゼント

プレゼント対決の当日になった。

会場はソフィア政庁。

「ピーノ様不在なんだな……」

「そうみたいね。借りさせていただきましょう?」

「ああ」

匠、月姫、守が喋っているが、愛樂は少々困った顔をしている。

(ど、どうしてこんなことに……)

助けを求めて匠の方をチラ見する愛樂。

(お、俺だって分かんねぇよっ!この二人が勝手に話を進めたんじゃないか!?)

(だとしても、この二人、よくやってくれましたのね……あああ、どうしましょう!)

そんな愛樂の心境など知らない月姫が切り出した。

「さあ!そこの変なお兄さん?私と勝負よ!?」

「っ、変って……失礼発言やめろよな!?まあいい、俺が勝ったらタメ口も許さんぞ?」

「はいはい。私が負けるはずないでしょう?」

自信満々の月姫。服もオシャレに決めている。

(何だかんだ言っているが、月姫も美しいな。まるでどこかの国の姫君のような……まあ、愛樂には及ばないがな)

「何よ?そんなにジロジロ見て……私に勝てる自信無くしちゃった?」

「いや。何でもない。(俺の)プレゼント(→月姫)の様子を見ていただけだ」

「はあ?私、今愛樂へのプレゼントなんて持ってないけど?全く……意味分かんない!もうさっさと始めましょ!?」

「じゃあ、一斉にお披露目しよう。いいよな?」

「勿論よ!」

「……私からはもう何も言いませんわ、始めてくださいな」

愛樂が溜息をつく。その横で、何故か面白そうに見守る匠。

「いっせーの!」

月姫は自分に向かって指を差しながら可愛くポーズを取る。守は右手でクッキーを愛樂の方に差し出して、左手は月の背中を押し出している。



一番驚いていたのは愛樂……ではなく月姫だった。


「……な、んで?」

呆然とする月姫

「って、勝手に私に触れないでよ!?こういう男は嫌ぃ―」

「愛樂。彼女が俺達のプレゼントだよ。あ、俺からはこのクッキーも」


f:id:aira1079:20170325133625j:plain


月姫は動けなくなっていた。愛樂はしばらくの間固まっていたが、やっと我に返ったようだ。

「あの……二人とも、私のためにありがとう。でも、こんなくだらないことに時間を割かなくても―」

「「愛樂はくだらない人間なんかじゃない!」」

月姫と守の二人の声が重なる。

「「ハモるなよっ!」」

……

「「あっ……」」


(……こいつら、何だかんだ言って仲良いよな。まーも(守のアダ名)、月姫っちを選んで、俺に愛樂ちゃん譲ってくれよぉ!)

泣きそうな顔で守の方をガン見する匠ッキー🐭<ハハッ!

(却下。誰がお前なんかに渡すかよ。ってか『まーも』って何だ!?)←よく通じたなw



「お二人とも、プレゼントはありがたくいただきますわ。月姫……とクッキーね。でも、勝手に勝負するのはやめてくださいまし。それに、お二人のどちらかを選べだなんて、私にとって酷だと思いません?」

「あっ……ごめん愛樂」
「俺も途中から悪いとは思っていた……ごめんな」

「分かればいいのですわ。さあ、守の作ったクッキーを持って少し遠出しますわよ!?匠、お留守番頼みますわね!」

「ええ!?また俺ボッチー?ちぇ〜」←アルケミーだから仕方ない。


ガッカリして足取りが重くなる匠を一旦工房に戻してから、愛樂、月姫、守の3人はソフィアの外へ向かった。

第9話・プレゼント(守編)

~守side~

月姫が自己中にプレゼントを決めてしまった一方で、守は愛樂へのプレゼントをじっくりと考えていた。

「商品ありすぎるな……これはすぐには選べないぞ」

愛樂の好きそうな頭装備、武器……色々見てみたが、予算が足りなかったり、買おうとした瞬間に他の人に買われたり。

「くそっ、情けなさすぎる!はぁ、どうしたらいいんだ……」

ため息をつく守の所に、

「何、悩んでるんです?お兄さん」

双剣を装備した幼女がやってきた。

「彼女とでも別れたんですか?」

「っ、違う!意中の方へのプレゼントを選んでいてな……」

「へぇ。彼女いないんですね、まあ平均的な顔ですからね……はぁ」

ため息つくなよーっ!?。゚(゚´ω`゚)゚。

って思ったが、我慢我慢。相手は幼女だぞ?

「お兄さん。ひとつ言っておきます。大切なのは、笑顔ですよ」

「笑顔?俺の?」

「んなっ、貴方の笑顔なんて正直どうだっていいです。男にニコッてされても困るだけですし」

一言余計な幼女だ……
しかし、幼女は続ける。

「その、意中のお方を笑顔にさせること……それが貴方の使命なんだと思います。あ、修行の時間に遅れそうなので失礼します!(小声で)うわっ、時間食ったー」

「おい、聞こえてるぞ」


パタパタと去る少女。一言余計なところを除けば凄く可愛いのだが。

でも、良い事を聞いた。

愛樂を笑顔にすること。

俺は愛樂のことをまだ全然知らない。

笑顔にすることなど、出来ないのかもしれない……でも、あいつならどうだろうか?



f:id:aira1079:20170322001203j:plain




俺よりも愛樂のことがより好きかもしれなくて、愛樂のことをより知っているかもしれなくて、より愛樂に愛されているかもしれない……月姫ならば。

月姫は戸惑うかもしれない。それでも、愛樂が笑顔になるという自信がある。


「そうだ。クッキーでも焼いて持ってくかな」


愛樂。俺は正直、君が月姫を選んだとしても黙って受け入れる。

もし、万一月姫をプレゼントにしたことで愛樂に嫌われてしまったのであれば、俺は潔くこの街から消える。





はっきりとした意思表示を固める守。しかし、彼もある意味では子供だった。



彼は、恋をしていることに気づいていない。恋という物すら知らないのかもしれない。

第8話・プレゼント(月姫編)

~月姫side~

「はぁ、勢いで変人との勝負ふっかけちゃったけど、いざ愛樂のプレゼントってなるとなぁ……」

愛樂が喜ぶ物。何だろう?

食べ物?

洋服?

アクセサリー?

それとも、愛……?


っ!愛樂がアイツに恋してたらまずいじゃない!愛なんか絶対にプレゼント出来ないよ!

愛なんかプレゼントしたら……



(月姫の脳内)
f:id:aira1079:20170321233433j:plain

「愛樂……やっと邪魔者が消えたな」

「うふふ、嫌ですわ?あ、な、た♡」



……こんなの絶対許すか!

きっと、全国民を敵に回すんだろうな……


うーん、そうならないためにはどうしたらいいのだろう……

あっ、そういえば月にいる時こんなこと習ったな。


『愛の対義語。それは無関心』


!!!

これだ!

あの変人と愛樂を離せばそのうち関心もなくなるはず……!

そのためには、


私がプレゼントになる

二人でこの街を出て穏便に暮らす


これだ!


もしかして、自分は天才なのかもしれない。

この時の月姫はこう思っていた。





けれども月姫は、まだ子供だったのだ。

報告ならびに宣伝

皆様、ご機嫌麗しゅう(*´∀`*)

本当は語尾を「〜ですわ、〜ですの」等に変えてみたいけれどブログに緊張して変えられない愛樂ですわ♪←あれ?


今日は宵闇の竜の討伐に行ってきました!
1枚貼ります☆

f:id:aira1079:20170321230929j:plain

ソルフィニ山岳要塞・屋上で撮影。ここに宵闇竜ちゃんもいます(・∀・)

上の画像の通り、盾を装備していない状態で連戦してしまった馬鹿です…w

✳*✳*✳*✳*✳*✳*✳*✳*✳*✳*

さて、少し話が変わります!

私、愛樂はアメブロでも活動させていただいており、その紹介をしたいと思います☆

はてブロではソロ活動(通称・アイカツ愛活)をさせていただいておりますが、アメブロでは私を含めて4人で編集しています♪

検索すると一撃…なのかな、

ふわっトーラム冒険譚

で検索するか、下のリンクから飛べます♪

私のヘボブログとは全くの別物です、恐らく私の記事以外はまともなので安心して見て行ってくださいね(*´ `*)

愛樂と愉快な楽しい仲間達によるブログへのリンク↓

http://ameblo.jp/fuwatto-boukentan

第7話・姫と騎士、対立す

f:id:aira1079:20170320235935j:plain

工房の2階の一部屋で、月姫は悩んでいた。

(どうしよう……あの男、完璧に愛樂のこと狙ってる目つきしてたっ!愛樂は私が守るんだもん……あんな穢れた生き物に愛樂が取られるなんて考えられない!)

そこへ。

月姫、愛樂ですわ。入ってもよろしくて?」

「……」


ガチャッ


扉が開くと同時に、


ボフッ


「愛樂っ!」

月姫に抱き着かれる愛樂。

「ど、どうしたんですの!?」

「愛樂……あの男には気を付けて」

「?な、何故ですの?」

「一見真面目そうに見えるけど、すっごく変な性格してそう!」


……( ・ω・ )?


「え?」

「愛樂まで変な人間になったら、私泣くだけじゃ済まないと思う」

「……うーん、何言ってるかサッパリ」

「とにかく、あの男を見た瞬間私はアイツと敵対するって決めたの!」

「そ、そんな無茶苦茶なっ!?」

「姫に二言は無いわよ!( ・´ー・`)」

何故かドヤる月姫。そして、彼女は覚悟を決めたように部屋の外へ……

「ちょっ、状況の判断が追いつきませんの!お待ちなさい、月姫っ!」

慌てて追おうとするものの、愛樂は走るのが苦手で、すぐに力尽きてしまう。

「ぬおお……早すぎますわ、追いつけない」

姫と騎士が対立。波乱の予感……



その日の夜。

「何だ?いきなり呼び出したりして」

「貴方、私と勝負よ!」

月姫がある者を呼び出した。

「はぁ?どうして俺が……」

守だ。まあお分かりですよねw

「決まってるでしょ?愛樂を巡って勝負よっ」

「なっ……面倒なことするなよな。愛樂は皆の物だろうが」

「はぁ!?何その正義ぶったセリフ!どうせ貴方愛樂のこと狙ってるんでしょう!?下心見えてんのよバァカ」

「……っ!愛樂のことが気になっているのは認めるが何だ、下心とか微塵も無いぞ!?」

「はいはい。口ではそう言ってますけど、顔見たらマヌケ面でしたよーだっ」

バチバチバチッ……!

証拠写真は無いんだろ?」

「くっ、そんなものあるわけ無いでしょう!?」

「フッ」

▷守は挑発した!

月姫、怒りゲージMAX!

「くっ……何も言い返せないわ!こうなったら、愛樂へのプレゼントで勝負よ!愛樂がより喜ぶプレゼントを持ってきた方が勝ちにしましょう」

「望むところだ!」

月姫は挑発した!そして華麗に部屋を去る!


しかし、その直後。守は思った。

(二人して大人気なさすぎる……俺達馬鹿じゃん)

だが、月姫に言ったら怒られそうだ。心の中にそっと秘めておこう(墓前まで)


愛樂と匠そっちのけで始まったプレゼント対決!

果たして、勝敗はどちらか!?