読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

祝・マイルーム機能実装!

皆さん、小説以外での真面目なブログではお久しぶりです♪
愛樂です(*´∀`*)

さて、今日のトーラムのメンテナンス。

なんと、

マイルーム実装

されちゃいました!(*ノ∀`*)





今回は匠くんが部屋の中の家具を作ってくれたようなので、早速紹介します♪

匠「うわ、ボロっちい家だなー。外装ヒデェなコレ。よし、俺が建て直し―」

(´°Д°`)!?

匠「ちょっwww 外装変えるのに必要な素材ポイント高くね?足りなくて外装買えられないんだけど(*`Д´*)」

仕方がないので…

ダブルベッドとおしゃんてぃーなチェスト(正確には『おしゃれなチェスト』です)を作ってみました☆

f:id:aira1079:20170316235806j:plain

家具作り楽しいので、これからもちょくちょく公開していきますね☆

それでは!(*´▽`*)ノ))

第6話・再会

狩りを終えて、匠の工房に帰ってきた愛樂と月姫

「ただいまー!今日はたくさん狩って来ちゃった♪」

月姫が頑張ってくれたお陰ですわ!ありがとうございました♪」

汗を拭う愛樂。
しかし、その手が止まる。


「え……?」


愛樂は匠の横を見て固まる。

「愛樂、どうしたの?」

月姫が問いかける。愛樂はプルプルと震え出す。

「あっ、そのっ……お会いできて何よりっ!」

愛樂の視線は、匠の横にいる人物に注がれた。青年だ。

「はは、元気そうで良かった。そちらの女性は?」

青年は月姫の方を見ている。

「!」プイッ

月姫は慌ててそっぽを向く。

「あらあら、月姫。そんなに警戒しなくても大丈夫ですわよ。この方は、私の命を救ってくださった勇敢な―」

「嫌あああああっ!コイツ嫌いぃぃぃっ!」

f:id:aira1079:20170316101813j:plain

愛樂が説明するも、月姫は聞かず、工房の奥へと消えてしまった。

「……月姫っち、ご乱心」

「すみません……こんなつもりでは」

「いいや、構わない。まあ、少し残念だが……その、今日は君に会える気がして」

青年は少し照れたように言う。しかし、横で見ている匠はつまらなそうだ。

(何だよ、良い雰囲気になりやがって……愛樂ちゃんの魅力に気付いたのは俺の方が先のはず!)

「私に?……こちらこそ、お会い出来て嬉しいですわ。お名前も聞けていませんでしたから」

愛樂の胸が高鳴る。

(まさか、こんなにも早く会えるだなんて。私が強くなった証拠かしら?)

「そう言ってもらえて俺も嬉しいよ。名前……守(まもる)だ。この世界での職業もディフェンダーをしている。君は?」

「私は愛樂ですの。職業はまだ未定ですわ」

(ディフェンダーとかカッコ良すぎません!?それこそ私のナイトに相応しいではありませんか!)

「そうか。愛樂はここに居候しているんだよな?」

「ええ。そうですわ。しばらくの間ですけれど」

「分かった。しばらく俺もここに通わせていただこう」


完全に取り残された匠。


(……本当はここ、俺の店なんだけどなぁ)

f:id:aira1079:20170316102353j:plain

第5話・突然の来訪客

朝。朝食後、愛樂達を見送った匠は店の開店準備を始めた。

「愛樂ちゃんと月姫っち、頑張ってるな。俺も頑張んなきゃなー!」

リバイタ、リジェール、アドマジクルなどの薬品を並べる。これらの薬品は冒険に欠かせない(……という人もいる)。

「リバイタⅣが足りなくなってきたか……さて、作るかな」

匠が作業台につこうとする。
そこへ、

「すまない……リバイタを売ってくれないか!?」

酷い怪我を負った冒険者が店にやってきた。どうやら青年のようだ。顔は血だらけで、盾や剣にも大きな傷がある。

「あいよっ!てかお客さん大丈夫か?すんげぇ痛そうだけど……リバイタⅤでいい?」

「ああ。助かる」

「大量買いならお安くしとくぜ?」

f:id:aira1079:20170315214642j:plain

「20000スピナ置いていく。この分だけ頼む」

「おー!んじゃ、これくらい持ってきな!毎度ありぃ☆」

匠が言う間に背を向けてリバイタを飲む青年。

「おわっ、今飲んじゃった感じ!?味どう?実はこれ、味を変えた新作なんだぜ?」

青年が振り返る。男にしては白い肌。顔の怪我はだいぶ治っていた。

匠はこう思った。
(この人、綺麗な顔してんのな……愛樂ちゃんも月姫っちもこの人もみんな揃って美白とか何なん!?)

「そうか。美味だった。この味、かなり売れるんじゃないか?少なくとも、俺はまたここのリバイタを買いに来たい」

「おっ、お兄さんマジ!?是非是非来てくれよな!最近は可愛いガール達もイソーローしてるし♪旅始めたばっかりらしいけど、ガチでカワエエ♡」

「!?もしや、それは……いや、何でもない」

「何だよー、教えてくれたって良いだろ!?」

▷匠がジリジリと青年に詰め寄る。


▷青年は迷惑そうな顔をした!


▷効果はいまひとつのようだ……

「にっひっひー。さあ白状するんだな!」

「むぅ、面倒くさい奴だな……実はラカウを歩いていた時に、変わった少女に出会ってな。喋り方はお嬢様なのに、行動が全くお嬢様らしくないんだ」

匠はその少女に心当たりがあった。

(もしかして。いや、もしかしなくても、これは愛樂ちゃんのことだよな!?)


▷匠はどうする?

▷だます(あの某有名ゲームにこんな技なかったはず……)

※この小説はフィクションです。



「あー、それならあれじゃん?レウグ塩原の方に向かったんじゃね?」

「……ハハッ。それが、彼女はソフィアに向かうと言っていたからな。君のような人間がガールと言うくらいだから、あのようなお茶目な女性がここに来るかと思っていたんだ」

「そ、そうか……」

(『だます』が通用しなかった上に、コイツは某テーマパークの主人公的キャラかよ!?)


▷青年は凛々しい目でこちらを見ている

▷愛樂の帰りを待たせてあげますか?

▷(仕方なく)はい



「店の品物勝手に触んなよ?今お茶出すからちょい待ち」

「ああ。ありがたくいただく」





その頃、愛樂と月姫は。

f:id:aira1079:20170315213523j:plain

「だいぶ慣れてきたんじゃない?武器の使い方、格段に上手くなったと思う」

「あら、そうかしら?嬉しいですわ、これからも精進して参りますわ」

月姫による指導によって、愛樂は戦力を増強させていたのだった。

「よし、あと1時間狩りしたら帰りますわよ?」

「ええ、頑張りましょ!」

小説についてのお詫び等

どうも、愛樂ですー☆

今回の第4話ですが、写真を一枚も貼ることができませんでした……
完璧にこちらのミスです、申し訳ございません(*_ _)人

また、小説に新キャラの名前がいきなり出てきますが、そこにも読みがなをふっていません。
小説を書き始める前にキャラ紹介の回があったので、そこを見ていただければ分かると思い、あえて読みがなをふりませんでした。

(追記:キャラの名前が初めて出てきた時のみ、ふりがなをふりました!)

こんな私の趣味たっぷりなブログを読んでくださっている方々に感謝です(・.・;)

引き続き、宜しくお願い致します!!

f:id:aira1079:20170311151544j:plain

第4話・月姫の力

ひょんなことから月姫と冒険することになった愛樂。彼女はラカウ平野で戦闘に慣れようとしていた。

「愛樂ー。遊ぼ?」

(こちらは遊んでいる場合じゃないんですのよ!私は早く強くなって、あの方とご一緒したいのに……ああ、お名前をお聞きしておけば良かった!)

「愛樂っ、私と遊びましょ!?」

戦闘もしないで駄々をこねる月姫。もう30分ほどこれだ。

「うるさいですわ、月姫!あなた、私についていくなら少しくらい手伝ってくださいまし!?」

愛樂が怒鳴ると、

「うぐぐ……」

不満気に頬を膨らませる月姫

(まずい……やりすぎたかしら?)

「私だって出来るんだから!こんなモンスターくらい、一撃だもん!」

月姫は一瞬にして、魔法で槍を作り出した。

「よし、このでっかい青い獣みたいなの倒しちゃお!」

!?
ラヴァーカ……
愛樂が突き飛ばされたモンスターだ。月姫まで突き飛ばされたら、今度はどうなるか予測がつかない。

月姫!!そのモンスターは―」

ヒュンッ

ヒュンヒュンッ!

サクッ……ドサッ。

「えっ……嘘でしょう?」

「えへへっ、ざっとこんなもんよ!どう?驚いた?」

愛樂は声を出せず、ただ頷くのみだった。

「私が愛樂のこと、守ってあげるね」

月姫がウインクする。面倒なお荷物かと思いきや、案外強くて可愛い部分もあるものだ。

「ええ、よろしくお願いしますわね」

この調子で、愛樂と月姫はモンスター討伐を進めた。

「痛た……だいぶ傷ついてしまいましたわ」

「大丈夫?一回やめたほうがいいんじゃない?」

「い、いえっ!まだまだ強くなれるはずですわ!」

正直、月姫に実力を見せつけられたのが悔しかった。か弱いお姫様のイメージがあったのに、まさかあんなに強いとは思わなかった。

「ちょっと、無理しちゃダメ―」

月姫が愛樂を引き留めようとしたその時!

「お姉さーん、いつまで狩りしてんのー?俺待ちくたびれちゃった!」

今度はチャラ男までやってきた。

「ん?何かこの子にすっごく見られてんだけど、どした?」

月姫はチャラ男を不快そうに見ている。

「む……気安く愛樂に話しかけないでくれる?愛樂は私のパートナーなの」

パートナーって……勘違いされかねないw

「あんたこそ、お姉さんとどこで知り合った!?しかも、何でお姉さんの名前まで……!」

「さっき。私が空から降ってきた時に助けてくれたの。愛樂は私の恩人なの」

「ふぅん。愛樂お姉さんか。俺は匠(たくみ)っつーの。向こうのソフィアの街で工房やってるぜ?良かったらあんたもイソーローしてく?」

意外な展開になった。この2人、仲悪そうだけど大丈夫か!?

「……私は月姫。愛樂が居候してるなら、それについて行くだけよ」

「よっしゃ!それなら、今からご飯にするから帰ろうぜ?」


結局、愛樂は今日一日で様々な出会いに恵まれた。
いつかは自分で家を持ち、自由に暮らすことを夢見ながら、一日を終えた愛樂だった。

第3話・お嬢様とお姫様

ソフィアの街を出た愛樂は、戦闘慣れするためにラカウ平野に来た。

「弱そうな敵を倒していくのがいいかもしれませんわね。さてと、あの水色の毛皮の子犬みたいな敵を倒していきましょうか……ん?」

何かが上空から降ってくるのが見える。

「……さーいっ!」

???
何か言っているようだが……

よく見ると、愛樂の方に向かって落ちてくる。

「ひぃっ!?こっち来ますわ!」

ヒュオオォォッ!

「そこの人、助けてくださあぁぁいっ!」

「え、えええええっ!?ちょっ、無理―」


ドスンッ


「っ!」
「ひゃあっ!」

愛樂は降ってきた人間に思いっきり体をつかまれた。

f:id:aira1079:20170309232044j:plain

……

「ったた……ちょっと、あなた強くつかみすぎですわ!」

「えっ、あっ、やばっ!でもお陰で私も無事だったわけだからいいでしょ?」

何だコイツ……助けてもらった割には感謝している感が薄い。

「はぁ。まあ相手が私でしたから良かったですけれども。他の人にはお礼を伝えるのが礼儀でしてよ」

「あ……そっか。ここは月じゃないのか。だから私の常識が通用しないのね」

空から降ってきた女は考え込んでいる。一体、この者は何者なのであろう?

「あの、失礼ですけれども……あなたは一体?申し遅れましたが、私は愛樂ですわ。冒険者ですの」

「私?私は月姫(つき)。まあ名前の通り、月に住んでいた王女なんだけれども、何か飛ばされちゃったみたい」

(いや、何でですのよ……普通月から地球まで飛んで来られるとかありえないでしょw)

「愛樂だっけ。月に帰る方法が見つかるまで、私と一緒にいてくれる?」

「は、はあああああっ!?」

ソフィアの工房のチャラ男も月姫も、とんだ発言をするものだ。月姫に関しては、王女であったためか、配慮というものを知らない。

「まあ、あなたのことでしょうから断っても私についてくるんでしょうね」

「ん?何のこと?」

……軽く殴りたいが我慢。

「なっ、何でもありませんわ。さあ、ついていらっしゃいな」

「わーい!愛樂、よろしくね!?」

子供のようにはしゃぐ月姫。一体、年齢はいくつなのか。月姫は謎の人物だ……

第2話・ソフィアで旅支度!

あれから歩き続けた愛樂は、ソフィアの街に到着した。街は人で賑わっている。

「わぁ……活気に満ち溢れていますのね」

近くには案山子が立っていて、多くの旅人がその前に集まっている。

(これほどまでに人が多い街は生まれて初めて見ましたわ!広そうですし、何から見ていけばいいのやら……)

そう思って立ち止まってしまう。
そこへ、

「ちわっす!お姉さんお一人?なぁなぁ、良かったら俺んち来ない?」

!?
思いもよらぬチャラ男の襲撃。←

当然お嬢様育ちの愛樂が相手にするはずも無い。

「いいえ。結構ですわ。私には、貴方ではなくても心に決めた人が……♡」

f:id:aira1079:20170308204913j:plain
↑回想シーン

「ぶはっ、お姉さんマジウケる!気に入ったからこの『リバイタ』達タダプレするわw」

「ええっ!?あ、あら、こんなに貰っていいんですの……って、そもそもこれは何ですの?」

愛樂が受け取った物は、赤い色をした液体が入った大量のビンだった。

「よくぞ聞いてくれた!この『リバイタ』ってのは、モンスターに攻撃された時に1ビン分を一気に飲むと体力が回復するスグレモノなんだ!」

「あら、それはありがたいですわね。ちなみに、これは何味ですの?」

「んー、これ作った時はイチゴだったかな。俺が気分によって味を変えてんの」

きちんとした食材が使われているようで一安心の愛樂。

「そうですか。でも、これほどいただいてしまっては申し訳ありませんわ。何かお礼をしたいのですが」

「お礼?マジ?してくれんの?……うーん、そーだなぁ」

チャラ男は数秒考えた後、ニッと笑う。

「お姉さん、しばらく俺んちにイソーローしねぇ!?泊まる所無いって顔してるし」

「……はあああああっ!?」


突然の勧誘。確かに宿は確保していないから助かるのだが、これでは自分の方ばかりが得ではないだろうか……

「えっと、その……私ばかり得になってしまいますわ!確かに宿は取っていませんけれど。よろしいんですの?」

「うん、いーよ!お姉さんみたいな人がいればウチの宣伝にもなると思うし!」

???
頭が混乱してきた。宣伝……?

「あー、実は俺、工房やってんの。そこでこのリバイタ作りとかしてるんだわ」

このチャラ男が工房……!?解せぬ

「そうでしたの……売り物になる物かもしれませんでしたのに、ありがとうございます。私で宜しければ看板役、務めますわ!」

「へへっ、サンキュー!お姉さんの旅に必要な回復薬とかは俺が用意するから、そこは安心してな!?武器と防具はマーケットで買ったり、モンスターから材料集めて鍛冶屋で作ったりするしか無いからテキトーに頑張ってw」

「分かりましたわ!少しラカウ平野の方でモンスター狩りしてきますわね」

「オッケー、いってらー」


こうして愛樂は再びラカウ平野へ向かったのだった……